page contents

サムイ島 11月18日 島内のビーチにライフガードは年中いません

Date: 18 11月 2018 Comments:0

chaweng noi beach コサムイ チャウエンノイビーチ
今日も朝から青空になったサムイ島、夏ほどの強い日差しじゃないけど、焼けそうな雰囲気はひしひし首の後ろに感じます。夜や深夜に雨がざーっと降ることも多く、道路は乾いて濡れての繰り返し。湿度が高くてムシムシ、汗がすぐ出てきます。
穏やかに見える今日のチャウエンノイビーチは赤旗。
沖合に引っ張られる波のパワーが強くて、波が弱く見えてもおぼれる事例が毎年後を絶たないモンスーンシーズンです。島内のビーチには通年ライフガードがいません。すべて自己責任です。ジェットスキー屋さんのスタッフがたまたま見つけてくれれば本当にラッキー。今のシーズンはジェットスキー数もすごく減っています。

chaweng noi beach コサムイ チャウエンノイビーチ
ビーチに出たら旗の色チェックを。ほぼ各リゾート毎に出ています。

first bungalow
老舗=新しくない、チャウエンなのに繁華街まで遠いなんてことで嫌煙されがちがファーストバンガローですが、このロケーションのビーチバンガローはなかなかないと思います。まさにオンザビーチ!海を見て一日ダラダラしていたい雨季の11月の旅にもいいなって思います。室内はフリーWIFIでスタンダー設備完備。
2019年のゴールデンウィークはビーチバンガロー通常価格5000バーツ、朝食、税金、サービス料込。早期申し込みで10%OFF、5泊以上で15%オフです。

 


サムイ島⇔羽田 乗継レポ シンガポール経由もお得でお奨め! シンガポール航空/シルクエアーで一時帰国してきました (羽田-シンガポール-コサムイ)

Date: 14 11月 2018 Comments:0

HND-SIN

今回の一時帰国はシンガポール航空/シルクエアーのサムイ⇔シンガポール乗継⇔羽田を利用しました。
6月頃に日本行きプロモーションが出ていて、サムイ-羽田往復一人12900バーツ台の底値で購入でき、バンコクを経由するよりもお得で、シンガポールまで南下した分のフライトの長さも苦にならずでした。荷物30キロまでOKというのも、食材をたっぷり持ち帰ってくる私たちには嬉しい悲鳴。サムイを朝出れば夜には羽田/関空、羽田/関空を夜出れば、朝にはサムイのスケジュールです。2019年3月末日まではチャンギ空港トランジットで20シンガポールドルのクーポン券がもらえるプロモーションがあり、ラウンジ利用も可能です。日本からサムイまで、サムイから日本までのポイント点をお伝えします。
サムイ発→羽田行

羽田発22:55
SQ635
シンガポール着5:25
日本時間6:25
乗継時間2時間45分
シンガポール発8:10
MI772(SQ5062)
サムイ着9:05
日本時間11:05
サムイ発9:50
MI771(SQ5061)
シンガポール着12:45
タイ時間11:45
乗継時間1時間20分
シンガポール発14:05
SQ634
羽田着21:40

羽田出発→サムイ島着

SQ635便の搭乗手続き開始は3時間前の19:50からAカウンターにて。
SQのスマホアプリでWEBチェックインをしておきました。アプリの動きが問題で、チェックイン完了を待っても出てこなかったけど、メールは完了で通知あり。
アプリを入れておけば、機上でも雑誌が読める等出来ますが、動き悪くて事前に何も用意できなかった。
20時少し過ぎにカウンターに行くと、WEBチェックインの列の待ち人は1人。通常チェックインの列はすでにS字が出来上がっていたので、WEBチェックインおススメ。
身軽に日本に向かった荷物は、倍以上に増え段ボールまで増え、4人で合計7個を預け、120キロの余裕なはずの重量制限に少々あたふたするのを助けてくれたSQさん、ありがとう。又乗ります!
航空会社によっては、荷物は1つ23キロまでの制限がありますが、SQさんは30キロ詰めてもOK。
夕食時のレストラン街の混み様を目の当たりにし、最後の食事が吉牛になってしまったセンチな気分と、インフォメーションのスタッフさんの的確明朗で素敵な笑顔な説明で日本の感覚を噛みしめ顔認証で楽々出国して羽田出発。

HND-SIN

飛び立って1時間後、24時のお食事のお稲荷さん。メロンパンとの選択。乗る寸前に最後だから♥といくらとたらこのおにぎりをモグモグしてきちゃったのに、しっかり食べちゃった。

HND-SIN

お稲荷さんが片付けられて4時間後の塩鮭ご飯の朝食。寝た時間は2時間ぐらい。起きる時は目がシバシバ。
サムイ泊りでこれから休暇旅行スタートのフライトなら、眠さもなんのそのかも。

HND-SIN

定刻より30分ほど早くシンガポール到着。次の乗り継ぎまでは約2時間半ありました。
第2ターミナルに到着し、サムイ行きも第2ターミナルから出発します。羽田でもらうサムイ行きの搭乗券はまだゲートが記載されていないので、到着後掲示板で確認が必要です。F側に着いてEに移動。TRANSITの矢印に向かって歩いていくと、ショップやインフォメーションや綺麗な室内庭園?のあるエリアに出ます。

SQの乗り継ぎプロモーションの20シンガドルクーポンをもらえるカウンター、ISHOPChangi Collection Centerをまず探します。分かりやすいようでスムーズにたどり着けなかった。サイトの地図を見ればいいやと思って、上記サイトをスマホで開くと、地図を拡大するとぼやける事態発生。インフォメーションで聞いた結果、サングラスショップの裏手との事。

HANEDA TOKYO to SINGAPORE

今後一番の目印になりそうなのは、Christian Diorのショップになると思う。
新装工事中でした。屋内庭園のすぐ横にありました。

HANEDA TOKYO to SINGAPORE
このDior、エスカレーターの向かい側近くにサングラスショップ発見。
その角奥にishopchangiの表示発見。

HANEDA TOKYO to SINGAPORE

乗り換えはFからEへとなるはずで、流れに乗って通路をまっすぐまっすぐ歩いてくればいいだけ。
この看板の先を右に曲がるとishopchangiのカウンターが見つかります。

HANEDA TOKYO to SINGAPORE

別の行き方は、インフォメーションなどがあるエリアから右のほうを見ながら行くとこのカフェがあって、その前の道を奥に進むとishopchangiカウンターがあります。このお店は通路からも見えて、ディオールに行く前に目に入ります。
クーポンは飲食店ダメとか、DFSで買えるものもかなり限られるので、ラウンジ利用に使用するのがベストではないかなと。サムイからの帰国の際はゲート移動の時間しかほぼありません。
カウンターでは羽田-シンガポール、シンガポール-コサムイの搭乗券とパスポートを提示して、サインをします。クーポンの他にスパなどの割引券もついてきます。

HANEDA TOKYO to SINGAPORE

利用できるラウンジは一つ上の階にあるアンバサダーラウンジ、Dior横のエスカレーターを上がります。
ここでクーポンを見せると、シールをくれて利用可に。WIFIパスワードもレセプションでもらいます。2時間まで利用可との事ですが、シールの時間は4時間後の時間が。サムイ行きの搭乗時間は7:20amなので、2時間でちょうど良いです。

HANEDA TOKYO to SINGAPORE

テーブル席、ビーチチェアー風の席、カウンターあり。充電系には何も困らない。

HANEDA TOKYO to SINGAPORE

飛行機が見れる屋外席。

HANEDA TOKYO to SINGAPORE

アルコール提供は朝6:00からで、10%割引あり。
ソフトドリンク、リンゴジュース、各種ティー、コーヒー揃ってます。

HANEDA TOKYO to SINGAPORE

軽食はおかゆ、サラダ、スクランブルエッグ、東南アジア風焼きそば、パン等。
トイレは男女兼用で数はある。トイレおじさんがいて、一番手前を女性には薦めているよう。
奥のほうにシャワーとトイレが一緒になっているブースがある。
2か所のドレッサーにはドライヤー完備。

HANEDA TOKYO to SINGAPORE

サムイ行きのMI772に乗るべく、移動開始。8:10の出発に対し搭乗時間7:25。今回のゲートはE10。えぇぇ、6分も歩くんだ。とビビったけど、動く歩道ですんなりとゲート到着。ここで荷物検査を受けます。体も手を横に伸ばして、しっかり調べられます。ベルトの周りも指を入れてチェックされます。

MI772

搭乗開始は7:30過ぎから開始され、スムーズに搭乗完了。

singapore to koh samui

サムイまで2時間弱のフライトです。パーソナルモニターなし。なので、SQのアプリを入れておくとインフライトエンターテインメントを楽しめるのですが。深夜便と乗り継ぎで乗ったら眠い状態は大人も同じ。

MI772 Inflight meal

ボリューミーな朝食アゲイン。キーシュとイエローライスのチキン(スパイシーでガパオに似ていたらしい)の選択。
バターがプレジデント!ポテトはローズマリーポテト!

MI772 arrival koh samui

フライトは、サムイの南部からラマイーチャウエンを通って着陸。ちらり写っているオープンエアーのカートで国際線到着ゲートまで移動します。

MI772 Arrived kohsamui airport

まずは入国審査の列に並びます。途中で入国カードに記入漏れがないかのチェックがあります。
4か所のブースがあり、フォーク形式で進んでいきます。予想していたよりもスムーズに列は進んで行きます。

MI772 Arrived kohsamui airport

タイバーツへの両替が必要な方は、イミグレーション通過前にあるバンコクバンクのブースを利用すると良いと思います。利用者少なくて混雑していない。到着ターミナルにもありますが、バンコクからの乗客も利用できるので並びます。レートは空港レートです。(私設両替所よりはまし)
イミグレーションを通過すると預け荷物はすでに出されていて、シルクエアーの看板のところに集められています。(ターンテーブルにはまわりませんのでご注意ください。)荷物を受け取った後、X線検査(荷物は自分で載せて、自分で受け取る)を受けて到着ターミナルへ。

MI772 Arrived kohsamui airport

到着ターミナルでは、携帯各社のSIMカードの購入も可能です。
乗合のバス、タクシーを自己手配する方は、写真左側の方にカウンターがあります。お迎えを依頼している方は、EXIT Bの看板を出て、左側にある通路を突き当りまで行くと出迎えの人たちが待っているMeeting Pointになります。
サムイの休日のアクティビティーのお申し込みも絶賛お待ちしておりますm(_ _)m


帰ります!サムイ→羽田

Koh samui to Singapore

サムイ空港でのチェックインカウンターはチェックインターミナルの一番奥です。
スタッフが通路に立って誘導していることが多いです。
MI771(SQ5061)9:55発のボーディングタイムは9:25am、搭乗口6A
8:30までには空港に到着しておくと安心。チェックインの列はハイシーズンもローシーズンも列は長くありません。スムーズなチェックインができます。
シンガポールまでと羽田までの2枚の搭乗券を受け取ります。シンガポール到着後はターミナル3からターミナル2への移動が必要です。
荷物は羽田までスルーです。

Koh samui to Singapore

チェックインの前に預け荷物に貴重品やカメラ、バッテリーバンクやドリアン等入れてはいけないものは入っていないか聞かれます。これでX線で引っかかると荷物は翌日以降の到着になるそうなので、ご注意ください!

Koh samui to Singapore

搭乗口は6A、チェックインターミナルから屋根付きの通路を最後まで進みます。目指すは到着ターミナルにあるイミグレーションです。ゆっくり歩いて5分弱です。急ぐと汗が出て止まりませんので、ひたすら焦らず歩くのを推奨。途中にジムトンプソン、HARNN、タイカレーペーストまとめ買いの出来るお土産屋さん(品揃えやセットは中国人向け)、ナラヤ風ポーチのお店やカフェ、レストランを通ります。

Koh samui to Singapore

ジムトンプソンのお店の先はゲート1-2の搭乗口で国内線。

Koh samui to Singapore

イミグレーション、ゲート6Aはまだ先にまっすぐ進みます。ここから徒歩2分。

Koh samui to Singapore

到着ターミナルの中を左斜め前方な感じで進むと、イミグレーションエリアに到着。
手荷物検査を受けて出国します。

Koh samui to Singapore

Koh samui to Singapore

Koh samui to Singapore

イミグレーション後はバンコクエアウェイズ提供のラウンジで搭乗開始まで最後のサムイの気候とタイのお菓子を味わってください。シルクエアーは機内充電出来ないので、シンガポールまでの最後の充電も可能。

Koh samui to Singapore

イミグレーション後も喫煙エリアあります。2018年10月現在。
一応Duty Freeもあります。けどお得感全然感じない値段設定。微妙な品揃えの中、島内5スターリゾートアメニティーやスパでも使われているPunpuriやBanyantreeの一部製品の販売があります。Punpuriのイランイランの香りのシャンプーとコンディショナー各100mlを760バーツで購入。箱のフィルムを取っただけで凄く良い香り♥

Koh samui to Singapore

カートに乗って飛行機まで。

Koh samui to Singapore

A319 128席(ビジネス8席)

しっかり機内食出ます。

シンガポール着。羽田行きまでの乗継時間は1時間25分。搭乗時間がもっと早いので実質ターミナル移動とトイレに行って、ちょっと待てばもう搭乗開始ととんとん拍子に行きます。飛行機を降りたところにも羽田行き・関空行きは急いでくださいの案内が日本語でも貼られています。ターミナル3から2へはスカイトレインで移動します。5分毎の運行。サムイからほぼ定刻に到着して、搭乗口を目指して移動して、搭乗時間まで後15分ほどだった。

スカイトレインを待っている間はすぐ横にある、電子板で暇つぶし。
自分が動けば、電子板の自分も動くもの。

3分ほどの乗車時間に眺めるシンガポールの景色。道がきれいだなぁ。

ベンツの整然とした列もきれいに見えるw

シンガポールと言えば。

手荷物検査を受けて、待合室に到着。ここにトイレもあります。

羽田行きSQ634に搭乗。USB電源ありの機材だった。

機内食はハヤシライスを選択。日本へのフライトの定番茶そば、久しぶりにお目にかかれて嬉しかった。子供はインクレディブルの防水携帯バッグをもらう。

定刻より20分ほど早く羽田到着。入国が顔認証になっていて、短時間入国は素晴らしい。
ターンテーブルに到着した時もすでに荷物は回ってきていて、この早さ素晴らしい。
帰りは現地を朝出るので、一日損した気分にもなりやすいフライト時間なのですが、乗継、フライトはともに快適、待ち疲れも少ないので、次回もシンガポール経由で帰国したいなと思っています。

 


サムイ島 11月13日 ローシーズンの夜のチャウエン&美味しいフレンチサンドイッチ発見の喜び

Date: 13 11月 2018 Comments:0

Koh samui Midnight chaweng - low season

11月13日のサムイは晴れ。夕方にスコール的な雨が降りました。洗濯物も朝干せば乾いてくれるお天気でした。
クリスマス前までは旅行者が少ない島内。ローシーズン真っただ中、どのくらい夜のチャウエンは静かなのかを偵察に。
24時前のチャウエンビーチロードは、アークバー近くですら、ビーチロードにバイクが置ける、しかも置き場所選べるみたいな。タクシー、ソンテウの客待ちが目立ちました。

Koh samui Midnight chaweng - low season
チャウエンビーチロードの夜遊び密集地帯のソイグリーンマンゴー前。歩いている人すらまばら。
Palmsはライブバンド続行中。

Koh samui Midnight chaweng - low season
ピンクのネオンがまぶしいグリーンマンゴー裏手エリア、いつにも増してがっらがら。

Koh samui Midnight chaweng - low season

24時のグリーンマンゴー。スタッフの数のほうが目立つ。というなかなか静かな11月の夜のチャウエン。

Koh samui Midnight chaweng - low season
いつもはグリーンマンゴー裏手に夜バイクを止めるのは困難なのですが、昨日はスムーズに止められて、普段バイクで素通りするところを歩いたら、ヨーロピアン(のちにフランス人オーナーシェフと判明)が玉ねぎを炒める良い香りが道路に。おなかが空いていたわけじゃないけど、香りに惹かれて入ってみました Le Grill Bar.

Koh samui Midnight chaweng - low season

グリーンマンゴーの前の路地を奥に進んで、賑やかなバー街の最後にあります。でも、すでにお店は売ってしまって、来週にはビッグブッダに移転するとの事で、実にラッキーな出会い。向かい側はスポーツバーのinternational bar.
サンドイッチがあるという認識だけで入ったお店は何料理なの?メニューを見ても読めない/意味不明なものが。と思っていたら、オーナーシェフのパスカルさんが来てくれて、フランスだと。メニュー一番上のソーセージサンド旨いというので、それと、唯一読めた(笑)チキンサンドをトマト・サラダ・チーズ・ゆで卵入りのフルセットをオーダー。

Koh samui Midnight chaweng - low seasonKoh samui Midnight chaweng - low season

好意で出してくれたホームメイドのフレンチフライとフレンチマスタードに唸り(市販品w)、次に出てきたホットドックはバゲット1本を半分に切った長いパンにソーセージが2本。ソースが選べてマスタードにしてもらいました。ソーセージが少し酸味があって、ピリ辛で美味しい。バゲットもこんなおいしいの島にあったんだで、パンとソーセージに美味しいしか出てこない。

Koh samui Midnight chaweng - low season

うわーこのボリューム、どうやって食べたら・・・に見えるんですが、これがすごく食べやすいチキンサンド。
こんな状態だとぼたぼた具が下に落ちることが多いと思うんですが、それがほぼなし。パンくずが落ちまくることもなく、かぶりつくんですが、実にお上品に食べられるw チキンはツナ?とも思える刻みで、隅から隅まで具がある。選んだのはマヨネーズとマスタード。作ってくれるのはオーナーでもありシェフでもあるパスカルさん。その国の経験ある料理人が自分の味を自らお客さんに提供する店大好き。作る人が違うと店は同じでも味が違い、それでがっかりさせられたことも多いし、実際普段食べつけない人がその国の味を出せるかというと、疑問なわけで、自ら腕を振るってくれて、食べたことないんだったら、これも試食してみてよと食べてもらいたいもの、分かってもらいたいものを持ってきてくれるという、最近こういう体験なかったなぁという美味しくて楽しい時間を真夜中に。フランスから取り寄せのチーズやホームメイドのこれまた唸るサラミを食べさせてもらい、最後はヨーロピアンのお店で楽しく過ごすと出してくれるショットでグッと乾杯し、再会を約束してきました。

Koh samui Midnight chaweng - low season
この場所のお店はすでに売り払ってしまったそうで、来週にはビッグブッダビーチ(バンラック)にある、IVY BEACH CLUBで腕を振るうようになるとのこと。夜中のサンドイッチは辛いし、場所的にもと思ってたので、オフィスすぐ近くに移動してくれて感激。ビーチクラブでは、彼と彼以上のヨーロピアンシェフが洋食を、タイ人シェフがタイ料理を提供するそうで、楽しみすぎる。IVYビーチクラブは、プールありのビーチフロントの立地(旧dae tong de samui)にあり、良い景色が楽しめます。

 


サムイ島11月12日 晴れ!晴れ!

Date: 12 11月 2018 Comments:0

ボープット

気温30度ほどの今日のサムイ島。朝は曇りでところにより雨が降ったり、こんなに雨夜中に降ったんだというエリアがあったりですが、次第に青空が広がり、モンスーンシーズンの海の色ながら、コントラストは美しい海が見えています。道路の排水も洪水の回を増すごとに良くなっているような気もするし、流れ出した土砂を片付けるのも随分早くなったように思えます。
写真は有名なボープットビーチロード=フィッシャーマンズビレッジのCocotamsを、両手で数えられるぐらいの店舗数に減っている専門店街The Wharfから。

サムイ島 ロータス フードコート

サムイに戻って初タイ料理は久しぶりのロータスのフードコート。お皿(の柄)が綺麗になってた。
カオマンガイ屋さんで辛酸っぱいラープ味のローストチキンのせご飯、カオマンガイ屋さんお隣の豚足、モツ煮込み屋さんで、豚足とモツの盛り合わせ。各お店の前に写真つきメニューと番号が書いてあるので、旅行者でもよりオーダーしやすくなっていました。フードコートレベルでも旨い!と思わせるタイ料理の奥の深いこと。


サムイ島 11月11日 大雨終了!

Date: 11 11月 2018 Comments:0

chawengbeach

3日間たっぷり楽しんだ雨は今朝には上がって、洗濯が外に出せる青空も出てくれました。
むんむんする湿度がたまりません。ロンプラヤも今日から通常通り、メナムからの発着に戻りました。
モンスーンシーズンといえば、夏に凪のチャウエンが荒れる、東風シーズン。今日は赤旗の遊泳禁止。これから数か月はチャウエンは連日赤旗が続くことも珍しくありません。
半月居なかっただけで、チャウエンビーチロードの店ができたりなくなったり。
アイランダーの横のRegentsが更地になっていた。
TOPSマーケットに行くと目立った中国人旅行者が、目立たなくなっていた。

maenam soi1

午後からはメナムへ。昨日は冠水が酷いと写真がアップされていたボープットのThe Wharfエリアもすっかり乾燥。酷いかと思ったラマイへの峠越えのメナムソイ1もメナム側はところどころ道路に土砂が流れ出ている程度でした。もっと雨が降ったら道路われそうな個所はあり。
背の高いヤシの木と緑が気持ち良いです。


  • Search for:
  • 最近のサムイ

    • A photo on Flickr
    • A photo on Flickr
    • A photo on Flickr
    • A photo on Flickr
  • 島内観光

    大好きなサムイをご案内します!

  • ホテル送迎付フルムーンパーティー行きボート
    VIP1400Bノーマル1000B
    NEXT Fullmoon 10/25

  • パンガン・タオ・ナンユアンへの高速船予約はお任せ下さい。ベストな船をご提案します!

  • siralomspa

    オープンエアースパ!2.2時間2200バーツ/3時間3000バーツでお楽しみいただけます!!!

  • バンコクエアウェイズに関するご注意

    別冊発券チケットはバゲッジスルー不可に!
    国際線と国内線が2枚のチケットに分かれる場合 バンコクで出入国-荷物受取‐国際/国内線チェックインになります。特に深夜便発でバンコク早朝着でPG103便に乗り継ぐ場合はご注意下さい。詳しくは航空券を購入した会社にお問合せ下さい。
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2018年11月
    « 10月  
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
  • タグ

  • お役立ちリンク

  • タイ携帯電話

  • 気象情報

  • サムイ情報

  • タイ情報

  • 航空会社

  • ダイビングツアー

  • クラビ日系旅行会社

  • プーケット日系旅行会社

  • バンコク日系旅行会社

  • その他