ツアーガイドSOMAは営業を終了いたしました。1998年より長らくのご愛顧ありがとうございました。See you Next Time!
広告

サムイ島 2019年5月 色々食べてました その4 ー定番ローカルシーフードレストラン4軒

サムイ島 2019年5月 色々食べてました その4 ー定番ローカルシーフードレストラン3軒

朝は雲があって涼しめスタートで、日中は青空で日差しもじりじりで汗が。午後ー夜は雨が来そうな雲行きになったり、そのまま晴れのままだったり。スコール/通り雨の可能性は否めませんが雨量は少ないです。

食道楽その4は、エビ・カニ・イカが食べたーいと言われた際にココ!ココ!という大好きなビーチフロントのローカルタイ料理レストラン3軒。タイ南部/コサムイの味を堪能できる、旅行者よりも在住者の利用が多いお店です。
その代わり、スタッフの態度がどうのこうのとか、椅子、お皿がプラスチックだとか、フォークが曲がっているとかは気にしない方向けです。虫除けとウエットティッシュをお持ちください。

1軒目は写真の夕景が楽しめるマイフレンドレストラン。ボープットビーチのビッグブッダビーチに一番近いところにあります。ボープットビーチ沿いのリゾートエリアやフィッシャーマンズレッジから徒歩はビーチを歩いてきたほうがいいけど、ちょっときつい。朝10時ぐらいにはオープンしていて、22時閉店。だけどお店側からは閉店時間だよとは言わない昔ながらの雰囲気。
たまに披露宴会場となり、貸切になることがあります。基本静かにゆっくりご飯が食べれます。少人数から大人数まで対応可能。

コサムイ 安定のマイフレンドレストラン koh samui

いつ誰と行ってもオーダーするメニューに変化がないぐらい、食べてほしいのは、イカのニンニク炒め、青マンゴーと揚げスルメとカシューナッツの辛いサラダのヤム・プラームックフォーイ。このサラダは食べられるところが少ないので、ぜひ食べてはまってください!今タイの食品界でブームになっているスラタニ名産の塩卵入りのイカの炒め物。パットカイケム(写真中央)。他にイカのスープ、カニの身のニンニク炒めとか、焼きエビとか。
シーフード物は1皿200バーツ程~です。(イカ料理はどれも大皿で注文)

Koh samui- my friend restaurant bphut0003
タイ風卵焼きも侮れません。豚ひき肉でも十分美味しいけど、具はカニの身。

コサムイ ローカルシーフードランチ koh samui seafood lunch

朝から昼間にかけて、のどかなビーチを見ながら、安っ!ウマっ!なシーフードが食べられるのは島の北部のバンポービーチにあるシリポカ(Siripoka)。昼間に蒸しカニを食べるならココ。身の詰まったワタリガニ1匹100バーツ。繁華街だと100ℊ120バーツ~でしょうか。雰囲気はめっちゃローカル。並んでいるおかずパットはシーフードの辛い料理が10種類ぐらい、ローカル定番なものが並びます。メニューは一般的なタイ料理が英語と写真表記であります。

コサムイ ローカルシーフードランチ koh samui seafood lunch

コサムイ ローカルシーフードランチ koh samui seafood lunch
エビ、イカ、カニ、マナガツオのシーフード三昧ランチ。その日に獲れたもの、旬のものが並びます。
セミエビが並ぶ日に当たったら、めちゃくちゃラッキーです。ぜひぜひぜひ。ここ2年空振りしている。。。
パットに入ったおかずは安く、ご飯に2品載せてもらって60-80バーツ。メニューから選ぶシーフードも小皿120バーツ~。
カニは食べやすく切れ目が入っていて、蒸し加減と塩味がちょうど良く、昼間のハエがうざいことがあるけど、バンポーを昼間に通るなら、立ち寄りたいお店です。Four Seasons からは比較的近い!

コサムイ バンポーシーフード koh samui
コサムイ バンポーシーフード koh samui

昼にシリポカに来たらお休みだった!バンポーに行けるのは夕方以降という場合は、シリポカの隣のバンポーシーフード.タコー(Bangpor Seafood Takho)。こちらも安うまの老舗ローカルレストラン。基本のエビやイカ、カニの炭火焼きは新鮮で何もつけなくても美味しいしカニの身は入っているし、エビは喜ぶサイズが出てくるし、イカは新鮮でパキパキというやつで、ココナッツの殻にカピを載せて焼いたコサムイの昔ながらのお通しとかを夕焼けと一緒に。2020年8月に改装されて写真よりもきれいになりました。

コサムイ バンポーシーフード koh samui
どこに行っても頼むイカニンニク挙げとマイフレンド、バンポーでは頼まずにいられない、カニの身の黒コショウ炒め。
特にイカニンニクはお店によって違いが必ずあって飽きず。どれも味がギュッと詰まってる( *´艸`)
魚は美味しいのはハタか、小魚。鱗ごと揚げてある小魚があれば、ラッキーです。久しくお目にかかっていませんが、メニューにはあります。

コサムイ koh samuiparad
番外はスターリーシーフード。バンポーからナトンに向かう峠を下ったビーチ沿いにある老舗レストラン。
ここも新鮮な魚介類が食べれる家族経営のお店です。生け簀を持っていて、ハタ、マッドクラブ、ワタリガニ、イモガイ、大シャコ等が食べられます。目方売りです。写真はクンオプウンセン、しょうが、しょうゆ系ベースのたれに春雨を絡ませて、エビと一緒に蒸す料理は、日本人にも馴染みやすい味です。(パクチーが薬味にのります)大きなエビが3尾入って約500バーツ。
値段を気にせずに美味しいシーフードを食べるなら、ハタの醤油煮とか贅沢だし、マッドクラブのプーパッポンカレーはバンコクの有名ソンブーンより美味しいと言ってくださる方もちらほらいます。晴れた昼の遠浅のビーチのコントラストは素晴らしいし、サンセットポイントにもなります。

上記は島の北部のレストランですが、他にも同じくメナムエリアの内陸部に老舗のKosengレストラン、南部フアタノンのkrua chao baanも美味しくてローカルにも評判の良いレストランがあります。
美味しいエビ、イカ(サムイ近海はイカ漁が盛ん)を存分に楽しんで下さい!

見てたらタイ料理が食べたくなっちゃったそこのあなた!
タイ料理の真空パックがご自宅に届くサービスがありますよ!

【送料無料】【タイ料理】選べる10種類!ガムランディーのタイ料理福袋
ガムランディーオンラインストア
¥ 6,437(2021/05/28 17:28時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました