ツアーガイドSOMAは営業を終了いたしました。1998年より長らくのご愛顧ありがとうございました。See you Next Time!
広告

ただいま日本、帰国しました

ただいま日本、帰国しました

成田でお迎えしてくれたマリオ。そうか、マリオか、マリオなのか。

4/29の朝に無事に日本に帰ってきました。本日14日の自己隔離期間最終日になります。
家族全員すこぶる元気で、日本米がおいしくて止まりません。サムイの家に比べると100倍使いやすいキッチンになったので、隔離中キッチンにいる時間が凄いです。きれいな水、お湯が出るとかハエも蚊にも悩まされないって事でストレスなくなるとは(笑)って気持ちです。
サムイを思い出してため息をつくのかと思ったけど、心機一転楽しめそうな”日本移住”w
すでにタイ料理の禁断症状が出てきて、早速市場で買ってきたカレーペーストでグリーンカレーを作りました。
色々香辛料とか持ってきたけど、驚くほど値段が違うわけでもないし、買うところによってはサムイより安いじゃんみたいなのもあるみたいで、結構拍子抜けしました。タイでも物価の高い所に住んでましたからねぇ。

すべて予定通りの帰国でしたが、まぁカウンターや関所でひっかかる、ひっかかる(笑)という話が↓

Goodbye koh samui Hello Japan
サムイ空港のチェックインカウンターは静寂。予約時には6本以上予定されていたフライトだったけど、1日2便しかこの日は飛ばなかった。
そんな静寂な場所で、えっ!と声を上げてしまったのは、預け荷物のオーバーウェイト。料金追加になるのは分かっていました。ネットで搭乗4時間前までに事前購入すれば割引になるのも分かっていましたが、いままでの経験上一人5キロは大目にみてくれるであろう、20キロはいけるかなぁ、だったら事前に買うよりももしかすると、、、と淡い期待をだいていたら、砕けた。オーバーウェイト1万1千バーツでーす。家族分のチケット代より高いじゃないかwww
まさかこんなところで使うと思わなかった、ロッダイマイ?のまけてくれる?の一声に、一人2キロサービスしますぅ。とりあえず言ってみるもんですねw
まぁね、乗客は減りに減ってて、安くなってるからねぇ、仕方がない。国際線の預け荷物より高くなってしまって動揺は隠せない。
引越しとすればまったくもって安い移動ではある。

Goodbye koh samui Hello Japan

空港まではサク会長に2往復してもらい、空港に着いたら長男の友達が見送りに集まってくれていて、重い荷物も若者パワーでカートに乗せてくれてある頼もしい子達。ジュースでも買ってあげようと思ったら、缶ジュースを売ってるスタンドの定員さん永遠に現れず。
へぇぇと思ったのは日本食レストランがテナントで入っていたこと。

Goodbye koh samui Hello Japan

ラウンジでのスナック提供は中止中。機内食も中止中。
その前の手荷物検査で、1荷物すでに再チェック。
今回乗る国際線はJALのLCCのZIP AIR.搭乗日の正午まで長い間システムエラーで預け荷物の購入が出来ていなかったので、搭乗までの時間に購入しようとネットでデビットカード購入で手続きをするも、支払いの認証のところで白画面しか表示されず、購入できない状態。これはシステムエラーだったからなのか?ZIPエアー、カウンターでの購入は手数料がかかるのでネットで購入しておきたいところ。そして、受託荷物が30%オフになる有料マイレージ会員にもなっておいたのです。カウンターでは割引にならないというので焦ります。本当最後の余韻なし!気持ちバタバタw

Goodbye koh samui Hello Japan
サムイに引っ越してきた時はプロペラしか飛んでなくて、座席は1ABっていう2ABと向かいあって座るスペシャルシートでした。
サムイを出る時もJETからプロペラに変更になってしまった。その代わり、ほぼ満員な状態で・・・

Goodbye koh samui Hello Japan
最後まで取り残されている私のイレギュラーサイズの荷物。
釣竿が入ったバズーカーと貝殻の暖簾と彼女から息子がもらった大きな抱き枕。

Goodbye koh samui Hello Japan
最後の夕焼けもなかなか良かった。ビッグブッダーボープットーメナム
Goodbye koh samui Hello Japan
コパンガン、バンタイートンサラ。

Goodbye koh samui Hello Japan
順調にバンコクに到着し、荷物を最後まで待っても大きいのが出てこないなぁと思っていたら、オーバーサイズの受け渡し口でお渡しですとのことで、別のところで受け取る。知らなかった。箱の大きさは60x60x60。通販で資材を買ってグリグリに梱包してやりました。中身はPCケース(中身は手荷物)この時点ですでに箱の下のほう破れてたのか…

 

Goodbye koh samui Hello Japan

コンビ二もレストランもフードコートもオープンしていて、食事に困ることはとりあえずなさそうと安心して、国際線チェックインへ向かう。
久しぶり、しばらくご無沙汰するスワンナブームの写真も撮っておきたかったのに、もう心に余裕がないw

ここでの焦点は無事に日本入国に絶対必要な陰性証明にOKがでるかどうか。OKが出ないと国際線に搭乗できない。バンコクホスピタルで日本政府が求めるフォームで書いてもらってきました。ここで不備があっては、すべてが買いなおしになるため、絶対に避けたい。フォームは問題なくOK。

荷物が買えないんです。エラーが出るんですけど。の申し出にはなんで?もう一度やってみて。画面見せて?なんで?の疑問符のスタッフと私。
1週間ぐらいシステムエラーでしたよね。そのせいではない?なんて聞いても、システムエラーとはなんぞや?みたいな。まじか。。。と思いながら小一時間何度もトライして画面を見せたりした結果、一人のスタッフがもしかしてデビットカード使った?デビットは良くエラーが出るんだよねぇ。クレカじゃないと。と、まさにデビットカードで買いました。そして思い出しました、チケット買うときもデビットで進まなかったことを。。。クレカ払いにしたら、すんなりネットで買えました。。。20時半前にカウンターに来て、21時半にカウンターを出る。。。人がいなくて本当良かった、超迷惑人w 

 

Goodbye koh samui Hello Japan

最後はフードコートで自分の食べたいものを食べて帰ろうぜぇーー。と言っていて、1階隅にあるフードコートへ。
フードコートだけど空港だしと600Bもチケットを買い込んだら、1皿40Bとかで、マジか、サムイより安いじゃないかと本土の安さを知るw
席は1名または2名づつしか座れない仕様で、22時前ということもあり閑散としていて、きらびやかなのはエミレーツのCAグループさん。
コームーヤーンとナンガイトート(とり皮揚げ)が予想外に美味しかった。もち米20Bで一人でこの量食べるのかってのが出てきた。
フライトが23:30、搭乗23:00、出国は22:30に行こうというスケジュールでご飯を食べて手荷物検査場へやや急ぎ足で。

Goodbye koh samui Hello Japan
ヤックのマスク姿を撮りたかったのに、それすら忘れて、結構あわただしい空港内移動。支払いで血迷ったせい。
そしてやってきた手荷物検査場。この日のためにあまり使わずに取っておいたバッテリーバンク4つ没収される(涙)
国際線は25000mAhまでOKというので、20000とか25000のをタイの通販Lazadaのセールで買っておきました。中華製でした。
バッテリーにmAhの表示が書かれていないバッテリーは持ち込めないと言うじゃないですか!!!安物バッテリーにその記載はなくて、全員で没収される刑(笑)盲点だった。。。日本からのお土産でもらっていたバッテリーバンクは問題なく通過した。さすが。

そしてイミグレ。ビザはまだ残ってたとしても、ドキドキ。三男は13歳でビザなし滞在だったので、オーバーステイだけど15歳未満なので問題なしスタンプを別の場所で押され、次男はビザがあるものの、古いパスポートの情報が新しいパスポートに変えられてなかった為、新しいパスポートに情報を移しますねという手続きをする事に。古いパスポートも新しいパスポートもサムイのイミグレに2回も出していたんだけど・・・・
これに時間がかかってしまい、搭乗時間ギリギリに開放される。そして、搭乗口まで徒歩10分の案内板を見て、ぎゃーーーー、搭乗時間に間に合わないんじゃと人の少ない空港を早歩きの刑。。。

搭乗人数数人、23時少し回ったところで、ファイナルコールのアナウンスが聞こえてきた。ギャーーー、まだゲートまで距離が。というところで、ファイナルコールの乗客探しのスタッフさんに会い、急がなくても大丈夫と言ってくれるものの、逃すわけにはいかんと、さらに早歩きでマスクの中で息を切らす。
定時にサムイを出て、定刻前にバンコクについて、焦らずチェックインして、最後の食事を楽しんで、飛行機を見たりして、搭乗してーなんていってたら、未練も悲しさも感じる暇なく、タイさようなら。今度は焦らないツーリストで来ますねw

Goodbye koh samui Hello Japan
定刻前に出発したこの日のZIP AIRの乗客は多分7名ほど。
LCCだけど、ネットは繋がるし、チャージも出来るし、横になって来れちゃったし、すごく快適な空の旅。
何分後から揺れますよとか、もうなにこの素敵な対応アナウンス。しかも日本語嬉しいw
真っ暗な飛行中、席を移動した。夜明け前に窓を見たら、羽の上の席だと気がついた、窓側大好き人間w

Goodbye koh samui Hello Japan

定刻より1時間早く成田に到着。ここから最後の難関。
必要書類は全部記入も終えて、ダウンロードもして準備万端にして望みました。
書類チェックOK-PCR検査受けるーアプリが入っているかチェックーアプリが使用できるかのチェックが2箇所ー空港からどうやって帰るかの質問とパスポートと質問表QRスキャンポイントーPCR結果をもらうーやっと日本入国ー預け荷物受け取りー税関ー無事にターミナルへ解放の流れ。

入国に必要なスマホは13歳から持たせる必要があります。
なんど画面を割ったか。。。という年頃の息子、安い携帯を使ってます。なんとなくモッサモサする作動の携帯。
アプリチェックで、アプリが開かないと言われる...えぇぇ!やばいなぁ。とりあえず、いくつかアプリ消してみようとするもだめで、もしかしたらシステムのアップデートかもしれないと、その場でアプデさせてもらう。アプデが良かったのか、再起動が良かったのか、無事にアプリ起動でパスする。

次はスカイプが繋がるかのチェックで、私がひっかかる。
登録してあるアカウント名が検索しても一切表示されない・・・スタッフ側の端末のせい?とか設定?とか色々見てもらったり、やったりしてくれるが表示されない。結局その場で新たなアカウント名を作り、無事に表示される。

ここでアプリが使えないトラブルがあった際は、2週間携帯を15,000円程でレンタルしなければならず(誓約書でも誓わされる)、他のアプリは使用中入れてはいけないなど縛りのある携帯はいらないぜぇ。なので、本当使えて良かった。日本入国時にはサクサク動くスマホが必要ですね。

入国審査はものの数十秒で終わり、日本入国成功。

預け荷物はすでにベルトコンベアから降ろされ、まとめて置かれていたところに、植物検疫犬のビーグルが念入りに全荷物を嗅ぎに。
タイからだし、大荷物だし、何かしら入っててもおかしくないと思われたんだろうなぁ。マンゴーシーズンだけに。
税関職員さんにお疲れ様でしたのお言葉をいただき、開放。
Goodbye koh samui Hello Japan
成田空港から都内新居まではハイヤーを予約しました。
大荷物過ぎてデフォのアルフォードじゃ載せられないとのことで、ハイエースを予約しました。
成田について、ラインやメッセンジャーなど電話以外でドライバーと連絡が取れることを前提に探して、最終的にVIPハイヤー配車というタクシー手配会社にお願いしました。見積り金額が最初見合わなかったので、ごめんなさい。と連絡したら、予算以内のハイヤーを提案してくれて、納得の料金で利用することが出来ました。日本のドライバーさん、質が違うなぁ。

到着から3時間後のタクシーを手配していたため、待ち時間は国際線チェックイン4F奥のイトーキのコーナーでダラダラと。
同じ時間にタイ航空も到着してるけど、見えたのはANAだけだった・・・そして、タイ航空のチェックインを待っている人の列が唯一長蛇になっていて、タイ人気を感じた。

quarantine life in Japanquarantine life in Japanquarantine life in Japanquarantine life in Japanquarantine life in Japanquarantine life in Japan

到着翌日からは政府からの質問が1日1回送られてきて、時間ランダムに1日1-2回ほど、現在地を報告するようメッセージが来ます。
期間中1度スカイプで大丈夫ですか?の連絡も来ました。
これも今日でラスト、ついに明日は住民登録します。例年なら、あービザ用の写真撮らなきゃ、書類お願いしなくちゃ、今年はこんなにかかるの!とどきどきしている時期、ビザなし滞在って結構素敵(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました