ツアーガイドSOMA手配受付終了のお知らせ

サムイ島 シービューでシーフードローカルランチを食べよう!2019年もSiriphoca

サムイ島 シービューでシーフードローカルランチを食べよう!2019年もSiriphoca
毎日キラキラなお天気です。何もしないビーチリゾートの贅沢に打ってつけ。
いつ雨は降るんでしょうか?というぐらい土もひび割れて、雑草は枯れてます。
という昼下がりは屋根のあるビーチフロントで美味しいシーフードランチが天国です。
たまにブログに出てきます、バンポービーチのSiriphoca。ローカル食堂で、建物も簡素ですが、この風景が楽しめて、安くて美味しいのでいつも外国人(長期滞在者)とタイ人比率は半々か、外国人多め。この時は気が付けばビーチフロントのテーブルすべてが外国人。子供は横の砂浜で遊ばせてとか、自分も砂浜に横になってとか、比較的のんびりと利用できる食堂です。あくまでもレストランではなくて、食堂、トイレもローカル極まりない事をお伝えしておきます。インスタ映えしません。その代わり美味しい。オーダーは指差しできるし、メニューは写真付き英語あります。夜はやっていないので、午前中かランチを食べに行くのが良いです。

サムイ島シーフードランチ
毎年サムイに来てくれる度にシリポカランチをするご夫婦と。4回目ぐらいですが、毎年料理がほぼかぶっている・・・これはすべてパットに並んでいて指さして頼んだものです。
パットに並んでいるおかずはいつも95%がシーフードで、その時獲れたものを使うので、毎回同じものが並んでいるとは限りません。タイ南部料理です。辛いです。この日はカニが良かったみたいで、茹でガニも1匹丸まるのものが並んでいました。他にカオマンガイやヌードルスープ、パッタイやタイカレーなどの一般的な料理が色々あります。具はシーフードを選ぶとより美味しいかと。

サムイ島シーフードランチ
オーダーした後は、食べやすいサイズに切ってくれて、扱いやすいように切れ目も入れて出してくれて、適度な塩のおかげで、身がするっと全部取れてくる嬉しさ。塩なしでゆでるところ多くて、身もフワッと柔らか(生に近いほうがタイ人はお好みのようで)なところが多いので、カニを食べるならココ!でもいつもあるかは不明。ワタリガニですが、身が詰まっていて結構満足。

サムイ島シーフードランチ
パットが並ぶところには、毎回おっ!と思う変わり種あり。
イカって言ってたけど、”タコじゃない??タコだよね?”、干したゲソをあげたもの。塩強めがビールのオーダーを早める。味がぎゅっと詰まっていて、珍味大好き。

サムイ島シーフードランチ

パットにある時はオーダーしちゃう、イカの甘露煮レモングラス入り。イカ飯ご飯なしの甘い味は、辛さ緩和に必要。
予算一例
おかず乗せご飯とソフトドリンク ~100バーツ。
昼間宴会 写真の料理7品+大瓶ビール5本 ~1500バーツ。

もし行ってお休みだったら、すぐお隣もシーフードが美味しいバンポーシーフード(Bangpor seafood Takho)があります。シリポカ営業時間外はこちらもおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました