ツアーガイドSOMAは営業を終了いたしました。1998年より長らくのご愛顧ありがとうございました。See you Next Time!
広告

サムイアクアリウム&タイガーズ-(Samui Aquarium & Tiger Zoo)

場所 ラマイの南、サムイオーキッドリゾートに併設。
料金 大人350バーツ 子供250バーツ
時間 午前9時~午後6時

注・・日本の立派な水族館とは、比べてはいけません。
   サムイの水族館である事を忘れてはいけません。^_^; 
   イルカのショーはありません。

初めて行った4年前は、鮫ばっかりで大した魚がいなかったような記憶がありますが、最近は魚の種類も増えて、水族館らしくなってきたと思います。ただ、魚の名前の表示が出ていたり、出ていなかったり、表示板に電気が無くて、読めなかったりと魚の名前を覚えて帰ってくるのは、難しいです。(笑)
タイの周辺に生息している魚達のようです。
大きなイセエビ、ニモをはじめ、ハタ・カツオなどの大物もいます。写真撮影は一応禁止ですが、撮っている人が多かったです。

途中には、海がめと鮫がいる水槽があり、1ザル20バーツの白菜をあげる事ができます。海がめのがっつき方に、思わずウワッと声を出すでしょう。一番の目玉だと思う。
魚を上からと、下からガラス越しに見える水槽は、上から見ても、下から見ても飽きません。
しばらく行くと、ベンガルトラの檻にぶつかります。一列に4つほど並んだ檻のみですが、タイガーZOOです。(ショー後はいない事もあります。)
そして、魚コーナーの最後を飾りますは、ウツボ。気持ち悪いったらありゃしない。

1日1回13時から行われる鳥と虎のショー。
鳥のショーは、たまに客席参加になります。真中の前のほうに座っていると、指名率が高そう。”大きな鳥が自分の腕に飛んでくる”というのに参加できたり、鳥が自分の年齢を当てたり。余りにも鳥ばかり続くので、眠くなる恐れもあり。

物々しい音楽と共に登場しますは、ベンガル虎。何してくれるんだろう?ガオーとか吠えてくれるのかなぁ?と余りにも期待しすぎると、力が抜けます。そう、ココはサムイだった事を忘れてた。虎に芸を教えるのは、大変なのだろうか?
見終わると、笑っちゃう。

他にも、虎の子供と一緒に写真を撮れるコーナー(有料)とオウム、鷹、インコなどがいる鳥小屋が海に近い方に10個ほど、
可愛いけど、臭いカワウソもいます。

又、アシカの一日調教レッスンも始まりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました