page contents

今日のサムイ島 ロンプラヤカタマランの荷物重量制限-続報(4/23)

Written on 2013/04/23 – 18:25 | by kohsamuilocalguide |

やっと青空が戻ってきました。それとともに蒸し暑い1日でした。まだ空も海も綺麗だ!というまでには回復していませんが、ソンクラーン以来やっと安心して外に洗濯を干せる天気に。
沖合いは白波がはっきり見えていて、コンディションが良くなるにはまだ数日かかりそうですが、月も星も出ている夜2日目。GWに向けてお天気登り調子でいってほしいです。

写真 メナムビーチのロンプラヤピア パンガン島、タオ、ナンユアンへの定期運行船、いままでゆるゆるだった荷物の重量制限が設けられました。
1人につき20キロの荷物までは無料ですが、20キロを超える荷物は1キロにつき20バーツのチャージがかかるようになりました。最大で1人50キロまでとなります。
特にフル機材でダイビングに行かれる方は軽く超えてしまうと思われますのでご注意ください。シートランは今のところ重量のチェックがありません。
離島、本土への船のご予約はこちらから。

今日のサムイ島 4月5日 ロンプラヤメナムピア &イカのローカルランチ

Written on 2013/04/05 – 17:40 | by kohsamuilocalguide |

温風に囲まれているサムイです。風がもう少し吹いてくれればと願わずにいられない内陸の穏やかさ。朝は起きて5分で背中に汗がにじんできます。それから夕方までは温風との戦いです。どこまでいっても温風です。昼間のバーをのぞけば、男のお客さんはほとんど上半身裸。
ウハハ、オホホな”熱さ”です。素早くなんて動けません。

写真 ロンプラヤのメナムピア。昼便もかなり混雑しているロンプラヤのハイスピードカタマラン。タイは明日から月曜までチャクリ王記念日で3連休、12日-16日はタイ正月のソンクラーンで連休となり、タイのGWになります。ソンクラーン期間中はほぼフルブッキングとなっています。また、最近はえっ、何も祝日じゃないのに。という時に、アジア系の方が団体でやってきてスノーケルツアーは一杯ということもあるので、絶対この日のこの時間で離島に渡りたい方、旅行のメインイベントはタオ、ナンユアンスノーケルだ!という方は、早め早めにご予約をお薦めいたします。スノーケルツアー予約フォーム

今日のサムイ島 3月13日 メナムビーチ +午後便復活

Written on 2013/03/13 – 17:43 | by kohsamuilocalguide |

晴 最低25.9℃ 最高33℃ 湿度54-95% 微弱風
写真 メナムビーチ、相変わらずのんびりモードの高いメナムビーチ全体です。
晴れにやしの木という組み合わせは毎日見てもぜんぜん飽きず、思い思いの休日を過ごしている旅行者が本当にうらやましくなります。
こんなビーチが味わえる綺麗な静かなビラリゾートがサリーサムイ。お奨めです。

今日のサムイ島 3月10日 ロンプラヤ サムイ発午後便

Written on 2013/03/10 – 16:41 | by kohsamuilocalguide |

晴 最低27.2℃ 最高32.2℃ 湿度57-86% 微弱風~
写真 メナムビーチ ロンプラヤピア
カタマランが1艘壊れているそうで、サムイ発12時半のカタマランボートはキャンセルになっていて、ナトン発17時のタオ行きカタマランに振り替えか、出発時刻が流動的な人が集まったら出発のスピードボートになっていました。しかもスピードボートの列に並んで、乗れなかったと最悪な人もいました。ここ数日中にカタマランが再開するかはスタッフも今の所分からず、今週中に午後便でパンガン、タオ等に行かれる方は、13時半発のシートランに振り替えたほうが確実かもしれません。

今日のサムイ島 夕方のメナムビーチ

Written on 2013/01/09 – 18:37 | by kohsamuilocalguide |

晴ー曇 最低25.5℃ 最高30.5℃ 湿度58-96% 微風
写真 メナムビーチを、メナムの中央付近から。
西日が当たるメナムビーチは砂がそこまで白くなく、夕日には黄金色に映えるビーチでもあります。チャウエンとは違って、ビーチを見渡してもパラソルの列はあまり見えず、さらにfreedomな雰囲気です。ホテルも昔ながらのバンガローも多く、長期滞在している人も多いエリアです。北部のビーチでビーチ沿いに椰子が増えるのはメナムからでしょうか。

  • Search for:
  • 今日のサムイ

    • A photo on Flickr
    • A photo on Flickr
    • A photo on Flickr
    • A photo on Flickr
  • バンコクエアウェイズに関するご注意

    別冊発券チケットはバゲッジスルー不可に!
    国際線と国内線が2枚のチケットに分かれる場合 バンコクで出入国-荷物受取‐国際/国内線チェックインになります。特に深夜便発でバンコク早朝着でPG103便に乗り継ぐ場合はご注意下さい。詳しくは航空券を購入した会社にお問合せ下さい。
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2020年4月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • タグ