page contents

サムイ島 2019年のチャウエンのソンクラーンフェスティバルは4/12-14の3日間!

Date: 22 3月 2019 Comments:0


まもなく、タイ正月ソンクラーンがやってきます。今年のソンクラーンの祝日は4月12日~16日までの5連休。交通機関は混みあいますので、早めの確保をおすすめします。
例年13日のみ(チャウエンビーチロードは12日午後から次第に)のサムイ島の水かけ祭ですが、今年はサムイウォーターカラーフェスティバルをチャウエンビーチロードエリアで開催とのことで、4月12日ー14日の3日間フェスティバルが開催されます。
水かけの他にもライブ、植樹、アート、等が行われる模様。水かけは13日のみだといいなぁ。


(photo by TAT SAMUI )

まだ計画段階のようでオフィシャル発表は大々的に行われておりません。
歩行者はセントラルフェスティバルを通過することで、レイクサイドロード(屋台が畔に例年並ぶ)と行き来でき、車は現状ビーチロードもレイクサイドロードも通行可だけども、規制はあるかもという状態です。

ということで、ソンクラーンをのんびりサムイで過ごす予定の方
チャウエンビーチロード内(特にセントラルフェスティバル周辺)はにぎやかな3日間になるでしょう。
交通も乱れるでしょう。空港へ行く際は要注意。

濡れるのは避けたい方はビーチ、プールでのんびりもしくは、繁華街のホテルはやめて、郊外に引きこもるほうが良さそう。

4月13日の弊社プライベート送迎とツアーについて
4月13日の朝9時以降の送迎は時間通りのお迎えが困難なため、お断りしております。
4月13日の陸のツアー(サファリ、象トレッキング、スパ送迎、島内観光等)はスムーズな開催が難しいため、手配いたしません。シュノーケルツアーは手配可能です。
ご了承下さい。

ボープット、バンラック コサムイ

お天気は水をかけられてもすぐに乾く陽気。スピードボートの発着の多いビッグブッダビーチですら、綺麗。


サムイ島 ピーストロピカルスパ/ロンプラヤ/シートラン‐送迎料金改定のお知らせ‐

Date: 16 3月 2019 Comments:0

ピーストロピカルスパ、船会社の送迎料金が一部変更になりましたので該当ページの送迎料金を改定しました。
2019年3月15日実施分より適応になります。

変更点
ピーストロピカルスパ
2.5時間コースの1名利用は近距離も有料送迎に。空港も有料。3時間コース以上は空港を含め無料送迎あり。
コンラッドは全コース有料送迎に。
西側の遠方エリアの送迎代少し値上がり。

ボート会社2社 ロンプラヤ/シートランディスカバリー
チケットに含まれていた船会社による無料送迎がなくなり、有料送迎(時間指定)になります。
片道1人150バーツ。
空港から港に行く際は、乗合のミニバス150バーツもしくは到着便にあわせてお迎えの弊社プライベート送迎(ボートチケットと合わせて申し込めます)をお薦め。乗合ミニバスは5名以上揃って出発です。

シートランディスカバリーは船会社による空港ピックアップサービスはありません。島内ホテルのみです。空港/ホテル→港は自力もしくは弊社送迎を常にお薦め。

 

 


サムイ島 シービューでシーフードローカルランチを食べよう!2019年もSiriphoca

Date: 15 3月 2019 Comments:0

サムイ島シーフードランチ
毎日キラキラなお天気です。何もしないビーチリゾートの贅沢に打ってつけ。
いつ雨は降るんでしょうか?というぐらい土もひび割れて、雑草は枯れてます。
という昼下がりは屋根のあるビーチフロントで美味しいシーフードランチが天国です。
たまにブログに出てきます、バンポービーチのSiriphoca。ローカル食堂で、建物も簡素ですが、この風景が楽しめて、安くて美味しいのでいつも外国人(長期滞在者)とタイ人比率は半々か、外国人多め。この時は気が付けばビーチフロントのテーブルすべてが外国人。子供は横の砂浜で遊ばせてとか、自分も砂浜に横になってとか、比較的のんびりと利用できる食堂です。あくまでもレストランではなくて、食堂、トイレもローカル極まりない事をお伝えしておきます。インスタ映えしません。その代わり美味しい。オーダーは指差しできるし、メニューは写真付き英語あります。夜はやっていないので、午前中かランチを食べに行くのが良いです。

サムイ島シーフードランチ
毎年サムイに来てくれる度にシリポカランチをするご夫婦と。4回目ぐらいですが、毎年料理がほぼかぶっている・・・これはすべてパットに並んでいて指さして頼んだものです。
パットに並んでいるおかずはいつも95%がシーフードで、その時獲れたものを使うので、毎回同じものが並んでいるとは限りません。タイ南部料理です。辛いです。この日はカニが良かったみたいで、茹でガニも1匹丸まるのものが並んでいました。他にカオマンガイやヌードルスープ、パッタイやタイカレーなどの一般的な料理が色々あります。具はシーフードを選ぶとより美味しいかと。

サムイ島シーフードランチ
オーダーした後は、食べやすいサイズに切ってくれて、扱いやすいように切れ目も入れて出してくれて、適度な塩のおかげで、身がするっと全部取れてくる嬉しさ。塩なしでゆでるところ多くて、身もフワッと柔らか(生に近いほうがタイ人はお好みのようで)なところが多いので、カニを食べるならココ!でもいつもあるかは不明。ワタリガニですが、身が詰まっていて結構満足。

サムイ島シーフードランチ
パットが並ぶところには、毎回おっ!と思う変わり種あり。
イカって言ってたけど、”タコじゃない??タコだよね?”、干したゲソをあげたもの。塩強めがビールのオーダーを早める。味がぎゅっと詰まっていて、珍味大好き。

サムイ島シーフードランチ

パットにある時はオーダーしちゃう、イカの甘露煮レモングラス入り。イカ飯ご飯なしの甘い味は、辛さ緩和に必要。
予算一例
おかず乗せご飯とソフトドリンク ~100バーツ。
昼間宴会 写真の料理7品+大瓶ビール5本 ~1500バーツ。

もし行ってお休みだったら、すぐお隣もシーフードが美味しいバンポーシーフード(Bangpor seafood Takho)があります。シリポカ営業時間外はこちらもおススメです。

ゴールデンウィークが来月に迫りました!
日本語ガイドが必要な方はお早めにお問い合わせください。


最近のサムイ島 3月9日 チャウエンでパラセーリング‐気になったチープお菓子タイ限定

Date: 9 3月 2019 Comments:0

チャウエンでパラセーリング サムイ島

毎日きれいな朝焼けや夕焼け、夕日のサムイ島です。学校の2か月以上に及ぶ学年末休みがついにスタートして、それにあわせてセミも鳴きだし、今年も一足先に夏を楽しませていただきます!のにやけてしまう楽しい陽気です。
パラセーリングをしたいという卒業旅行女子旅ちゃん達とチャウエンビーチへ。ボープット、ラマイビーチでも出来ますが、せっかくなら島一きれいなチャウエンビーチを上から見せてあげたいなー&ビーチボーイのナンバ防止の監視についていきました(笑)ジェットスキーが浮かんでいる前にはパラソルとテーブルのみのマリンスポーツ受付デスクがあり、ビーチ内に何か所もあります。パラセーリングは15分2000バーツ。沖合にボートがやってきて、ボートまではジェットスキーで連れて行ってくれます。
難易度高めなのは、ジェットスキーから船へ、船からジェットスキーへ移動しなくてはいけないこと。数人だとボートで順番待ちがあるので、海の状況によっては酔い止め飲んじゃったほうがいいかもという時も。
チャウエン中心部で上に飛んで、南側ーチャウエンノイ側へ。着地もうまく船に降ろしてくれます。上から撮った動画は、チャウエンすごい奇麗!思い出になってたらいいなぁー。

パラセーリングやバナナボートなど、スタッフが牽引するものに関してのトラブルはほとんど聞きませんが、いまだジェットスキーレンタルでのトラブルはたまにききます。ブイブイ沖合で調子に乗っていると危ないです。傷がついたとか、壊れたとか、たまに悪質なものがあります。トラブルの際の業者との交渉は誰も手出しできないと思ってください。当事者同士の交渉です。在タイ日本大使館も注意を呼び掛けている事項です。

タイフレーバーのチップス

まだまだセブンは増えるよコサムイ!商品も充実してきているので本当ついつい行ってしまいます。
薬品からお土産になりそうなものまで買えるのは心強い。セブン限定品も出してくるし。
かさばるからお土産には非常になりにくいチップス系ですが、タイオリジナル味が色々出ています。
RAYの2in1は焼きえび味とシーフードナムチム(すっぱくて辛いシーフード用タレ)味が入っています。うまく表現されているほう。右のRayはセブン限定品だけど、売っているところはまばらな、塩卵(カイケム)味。サムイが含まれるスラタニ県名物といえば、塩卵。ソムタムに入れたり、イカと炒めたり、食べ方色々。そんなカイケムの味が再現されています。おいしい。
プリングルスはトムヤム味。これは別に。って感じでした。チップスの食感と味がプリングルスのは合わない感じが。

タイ土産 マンゴーソフトキャンディータイ土産 マンゴーソフトキャンディー
これは20バーツで売っているマンゴーチューイングキャンディー。
配りやすいお値段と個数と、タイっぽいパッケージでお土産になりやすそう!
大量に一つのセブンに置いてあるわけじゃないので、数をそろえるなら、セブン巡りは必要。

メントス スイカ味
メントススイカ味が限定発売。 前にも見たことあるような気がしないでもない。
トロピカルミント味のトロピカルは何を意味するか分からなかった普通のミントガム。

活性炭歯磨き粉
活性炭で口臭予防と歯が白くなるという話をしていた矢先にファミリーマートで見つけた活性炭歯磨き粉。小サイズ58バーツと市販歯磨き粉の中では高級な部類。磨いている時は黒く、驚くけど、ツルツルに磨けて、1週間ぐらいで明らかに白くなったのを実感できます。amazon.comのほうで結構評判が良くてベストセラーになってた。

コパンガンマグネット
セントラルフェスティバルの大手本屋さんB2Cで売っているコパンガンマグネット。
コパンガンで買えるのかな?サムイバージョンもあります。


今日のサムイ島 3月2日 空港→船着き場 プライベート送迎のおススメ

Date: 2 3月 2019 Comments:0

コサムイ シートランディスカバリーピア

すっかり真夏のお天気のコサムイ=サムイ島。もうすぐサムイで休暇の予定!の方は、今からニヤニヤしちゃって下さい。まさに、南の島!リゾートのお天気( *´艸`) 内陸では心地よい風を感じていますが、チャウエンビーチ方面、まだ少し風の影響があります。
写真はパンガン・タオ行きシートランディスカバリーの朝9:10。船は定刻8:30着のボートが遅れて到着し、乗客が降りてきているところでした。9:55発のシンガポール行きや10:00前半出発の国内線の場合は、リスクがあるので、前日に離島から戻っておくのをおすすめします。そのサムイ1泊に便利なホテルは、コージーサムイチャウエンビーチ、今なら7-8月を除いて、1泊1700バーツ/室で手配できます!港―コージーまでのプライベート送迎は車1台500バーツ~です。

サムイ空港 ミーティングポイント

こちらは空港のミーティングポイントの待合所。送迎が来るのを待つ場所で、ベンチが少しありますが、その数が次第に減っていって空間が広くなりました。団体さんが揃うまでの待合所になり、椅子はいつも中国人グループで賑わっています。座るところないし、椅子が一つ空いても周りは囲まれちゃうみたいな。
朝8:35,9:20で到着して、ロンプラヤのお迎えをここで待つことになるのですが、今年の空港お迎えは11:00-11:20と遅くなっています。そして、座るところ難民にもなりかねないので、ここはスムーズに到着後プライベート送迎で港に向かってしまい、海を前にビールを飲むなり、スイカシェークを飲みながら、フリーWIFIを利用してのんびり待つほうが旅のスタートは気分が良さそうですよ。港にはバーバーレストランがあります。案外美味しいです。空港→港送迎 車1台600バーツ~。絶景山の上レストラン立ち寄りの空港ージャングルクラブー港は車待機で2000バーツ~です。
※4/1乗船分から船会社の送迎が運賃に含まれなくなります!片道150バーツ/人。


ロンプラヤの午後便の乗船中。満員に近い乗客数。
直前予約は満席のことがあるので、ご予約はお早めに。

サムイ島からの船のチケット パンガン島・タオ島・ナンユアン島、フルムーンパーティ -本土 船+バスジョイントチケット

サムイ島 チャウエンビーチ chaweng beach koh samui
離島のきれいさが気になる海の色になってきています。
チャウエンビーチもこれで穏やかだったら、すこぶるきれいなのになぁーと思った昨日。


  • Search for:
  • 今日のサムイ

    • A photo on Flickr
    • A photo on Flickr
    • A photo on Flickr
    • A photo on Flickr
  • バンコクエアウェイズに関するご注意

    別冊発券チケットはバゲッジスルー不可に!
    国際線と国内線が2枚のチケットに分かれる場合 バンコクで出入国-荷物受取‐国際/国内線チェックインになります。特に深夜便発でバンコク早朝着でPG103便に乗り継ぐ場合はご注意下さい。詳しくは航空券を購入した会社にお問合せ下さい。
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2020年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930 
  • タグ